2006/6/4

松本、白骨温泉、上高地

松元、白骨温泉、上高地に行って来ました。とても良かった。今回は言葉より写真が多くを語ると思います。日本にもこんなに素晴らしいところがあって、沢山の人がそれを見るために集まってくるということ、とても素敵なことだと思います。

kamikouchi_01.jpg

山水観 湯川荘。白骨温泉で泊まったホテルです。谷間にあり、車がやっと通れるだけのつり橋を渡って辿り着きます。ハチノコやらイナゴやらイノシシやら裏で取れた山菜やら、とにかく変わったもの食べました。建物もわりかし新しくて良い宿です。

kamikouchi_02.jpg

喫茶店にて著者近況。

kamikouchi_03.jpg

白骨温泉から眺める山々。

kamikouchi_04.jpg

旅館の裏の渓流その1。

kamikouchi_05.jpg

旅館の裏の渓流その2。

kamikouchi_06.jpg

部屋にて浴衣で。朱色のちゃんちゃんこ(?)が非常に可愛くて気に入りまして。

kamikouchi_07.jpg

上高地に移動して、梓川の流れを橋の上から。

kamikouchi_08.jpg

こちらも橋の上からの眺め。穂高連峰がそびえ立ちます。

kamikouchi_09.jpg

こんな薄着で軽装で歩き回ってました。5時間ほどハイキング。天気良かったので。

kamikouchi_10.jpg

ウエストン碑。

kamikouchi_11.jpg

何だか特殊効果のような青ですが生写真です。カーブが綺麗。

kamikouchi_12.jpg

雪残る穂高と変化に富んだ梓川の造形が美しいの一言。

kamikouchi_13.jpg

鴨その1。

kamikouchi_14.jpg

ここが日本というのが信じられないくらい勇壮な眺めです。

kamikouchi_15.jpg

沼がちょこちょこあるのですが、倒木の影の落ち方が非常に神秘的でした。

kamikouchi_16.jpg

橋を渡る我が母のバックショット。梓川をこんな橋がいくつか渡っています。橋の造形も可愛いでしょう。

kamikouchi_17.jpg

こういう自然でしかなし得ない自由な造形というのも素敵でした。

kamikouchi_18.jpg

山の線と川の線が不思議に地平を挟んで対称で驚きました。

kamikouchi_19.jpg

沼の底が見えちゃいます。

kamikouchi_20.jpg

こういう小川にも力があるのです。

kamikouchi_21.jpg

溢れんばかりのエナジー。

kamikouchi_22.jpg

こんな木道も整備されています。

kamikouchi_23.jpg

わかりにくいですが、一本の枯れ木にとてもパワーを感じました。幹は枯れているのですが、枝から新しい幹が伸び出ています。

kamikouchi_24.jpg

山が沼に影を落とす。

kamikouchi_26.jpg

鴨その2。

kamikouchi_27.jpg

鴨その3。

kamikouchi_28.jpg

大正池から見た穂高連峰。

松本で時間が余っていたので、松本市美術館というのに行って来ました。旅先でご当地喫茶店と美術館を訪れるのは習慣になっています。『大ナポレオン展』というのをやっていて、長蛇の列ができていたのですが、とんと興味は無かったのでコレクション展だけを見ることにしたのですが、これが正解。草間彌生展をやっていたのです。絵画の他、草間的空間を見せるインスタレーションもあり、非常に面白かったです。

草間彌生

とにかく自然と触れ合う旅で、逆に言うと人間の造形美という意味ではあまり収穫の無い旅かなあと思っていたのですが、最後に松本市美術館で面白い展示に出会えたので、ピリリと引き締まり、とても豪華で充実して質の高い旅になりました。5時間もハイキングすると何だか1年分歩いたような錯覚になりましたが、小学生や中学生の頃は、これくらい毎年歩いていたんだよなあと思うと、折を見つけて歩くということは大事だなあと改めて感じました。

食事も松本ではバリ料理のランチ、白骨温泉では地のものを使った野趣旺盛な和懐石、上高地ではフレンチのフルコースと、満喫しました。松本って住むにも良さそうな街だなあと思いました。珈琲一杯400円でとても美味しかったし。おかわり200円だし。

移動時間や休息時間は、前半は漫画の『医龍』を12巻持って行って通し読み、中盤は帝国ホテルのサービスの本を読んで、終盤は仕事のアイデアを書き溜めてました。合間時間もとても良かった。

旅行には腰が重い僕ですが、これからはもっとフットワーク軽く出掛けられそうです。なんせ、今回の旅行で、旅から得る収穫ははてしなく大きいということを再認識しましたから。

Technorati Tags:

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram