2012/2/25

脱力リーディング

湯上りホンワカ気分の加藤です。今日記事読んでて、ああ面白いなと思うことがあったのでご紹介。

ASCII.jp:作品データが売れる「Gumroad」、プロ作家から見たらどうなんだ

寺田 自分一人で価値を創り出すというのがハードル高いんだよね。「これ2ドルで?」って思うもんね。でも他人が「あなたの作品を売りたいんです」って言ってくれると安心するじゃん。作品をプロデュースなり、キュレートなりする人がいて、やっと自分の価値が確立する。それは、メディアがどうなろうと同じだと思うよ。

―― メディアが変わると表現も変わるという話があって、絵の場合どうなるのかにも興味あるんですけど。

寺田 まあ、自分が何をしたいかということに止めを刺すけどね。オレの場合は絵を描いて上手くなりたいとかさ。

―― それはいまだにそうなんですか?

寺田 鉛筆一本でどこまで描けるのかとかね。ただ、人間はスキルにも愛着を抱いてしまう。超絶ギターが上手いとか、それだけで持つじゃん、曲がヘボでも。映画だって、ストーリーも脚本もひどいのに、役者の演技が良くて観ちゃうとか。そこら辺は勘違いしないようにしてるけど。どういう条件になっても、自分が何を目指しているかに自覚的であれば、作るものは変わらない気がするけどね。

感想:いやあ寺田克也さんって描くの本当に好きなんだなあ。

Why Stack Exchange Isn’t in the Cloud – Server Fault Blog

and every aspect about them. We don’t just love programming and our web applications. We get excited learning about computer hardware, operating systems, history, computer games, and new innovations. Loving computers is an essential part of our company culture. Many of us have assembled our own workstations and our CTO even blogs about it in seven articles when he does. Most of us have grown up with computers as part of our identity. We all have a shared nostalgia of our first computers — if we haven’t taken our pilgrimage to the The Computer History Museum yet then we dream about it. We like to think about about the past, present, and future of computing. Owning and operating our own servers is part of how we get to live out our love of computers.

This culture means when we hire technical staff, we hire people who share this passion. I believe that this passion translates into a better product. Whenever someone does a cost analysis of cloud vs self hosting there is no row in the spreadsheet for “Work Productivity Increase due to Passion.” We are performance and control freaks and love to tweak everything including our hardware. If we outsourced our hosting to cloud computing, we would be outsourcing part of our passion. If you just want to use someone else’s computers, it means you don’t love computers — at least not every aspect to them. Sometimes cloud computing may be the best fit (for example if you have 20x the traffic around the holidays or tax season), but if you truly love computing, giving up control of computers to someone else will hurt.

We don’t just like computers, we love them. We have an emotional connection to them, and suggesting that we let someone else own, manage, and tweak them is like suggesting we get rid of what we love — just the thought of it offends.

感想:Stack Exchangeってコンピューター本当に好きなんだなあ。

もしかしたら、Gumroadがビジネスとしてスケールするのかとか、Cloudのコストは本当に採算にあうのかとか、考えるべきなのかも知れませんが、割と素直に受け入れられる記事って、実はそういう感想を持てるものの方が多いですよね。逆に言うと聞き手や書き手に愛があるというか。

というか結構そういう文章って、しょっちゅう巡り合えるものでもない気がしていて、勿論、元々の文脈は違ったりするんだけど、トピックについて話しているうちに、その人の姿形が浮かんでくるようなものはすごく良いです。

でそういうものに、自分が肩の力を抜いて触れられた時に、なんかストンと臓腑に落ちてくるような気がします。

なので、情報収集、キュレーション、なんだらかんだらと気張らずに、そこそこで色々読んでいられると楽しいですね。結局、記事にそういうポジティブな読後感を持てると、結果として話の文脈も記憶に残りやすいし、後から引き出しやすいと思うんですよね。などなど。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram