2006/5/8

Google Sitemapを日本語英語対応

まだ確証が持てないのですが、Google Sitemapで日本語英語両方に対応したサイトを読み込ませる時は、どうやら日本語ファイルのサイトマップ、英語ファイルのサイトマップ、というように2種類のsitemap.xmlを用意してやればいいみたいです。sitemap.xmlの冒頭にエンコードの指定があったので、ごちゃまぜにしたらまずいなとは思っていたのですが、一つのサイトに複数のサイトマップを読み込むことができることが判明し、読み込みもされているので、どうやらこれでいけそうです。

ちなみにGoogle SitemapはオフィシャルなツールだとPythonがどうとか面倒くさいのですが、ネット上で手軽に自動生成できるツールがあります。

Online Google Sitemap Generator – SitemapsPal

基本的にアドレス入れて、生成されたファイルを、FTPでアップロードして、Google Sitemapの管理画面で確認させればOK。楽チンです。

Technorati Tags:

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram