2011/12/10

ラガーマンのためのIT、ネット、ソーシャル活用術

あのですね、僕の先輩すごかったんですよ。僕はラグビーチームの運営とか、ラグビーリーグの幹事とかやらしていただいているのですが、僕の前任者の先輩がとにかくすごかった。システムの仕様書を作るように細部まで詰めた仕事をする人で、交渉、折衝、運営、運用、八面六臂の活躍をされる人で、さてそろそろ加藤に引き継ぐとなった時に、いざ色々教えてもらい始めたら、これ同じやり方してたら俺パンクするわーと思ったわけです。僕言ってもそこまで勤勉じゃないですし、寸暇を惜しんでとか、寝食を忘れて、ラグビーの仕事するとか無理、マジ無理と思ったわけです。

なわけで、色々サボる方法をチームのメンバーとも話し合いながら、ここ数年で開発して来まして、一通りノウハウが溜まったので、ここらで一つサービスの紹介を軸にまとめてシェアしておきたいと思います。

RCMS
とりあえず、僕の仕事柄、チームのWEBもリーグのWEBも僕がやることになりまして、どうしたものかと思っていたらRCMSを知りました。こちら元々ラガーマンの方がやっておられる会社が作ったCMSで、スポーツチーム(しかも特にラグビーチーム)のWEBサイト運営に最適化されたシステムになってます。これを導入することにより、日々の更新が簡便になるだけでなく、WEBに精通していない人とも一緒に運営できるようになり大分助かってます。

Flickr
ラグビーのイベントがあると写真撮ります。ちゃんとしたイベントでちゃんと撮影するとGB単位の写真データが溜まるわけで、当然保管しなきゃいけなくなります。けれど、データの保管とか面倒じゃないですか!というわけで、イベントの写真は全てFlickr Proアカウントに契約して(転送量無制限)そこに全部アップしてます。こうすることにより、イベントの写真必要になれば、そこから持ってってもらえばいいし、誰かに引き継ぐのもアカウント渡せばいいだけじゃないですか。ラクチンです。

TwitterとTwitterへのメール投稿
秋のリーグ戦で全チームで毎週末試合結果共有したいわけですけど、MLに報告されてくる試合結果報告書見て試合結果をリーグのWEBに更新しようと思うと、自チームだけならまだしもリーグレベルだとRCMSを使っていても大変。だけど、そこ気合いで乗り越えようと思っても日々の仕事とかあるわけです。というわけで、リーグでTwitterアカウントを作って、そこにリーグの幹事にメールポストで試合結果を送付してもらうことにしました。これだと、そのアカウント見れば試合結果見れるので、速報メディアとしては最強にお手軽なのです。

Evernoteとドキュメントスキャナ
リーグの会議とかやっていると、毎回紙の書類たくさんもらうんですが、管理するの大変です。全部持ち歩くわけには行かないし、内容も覚えていられません。というわけで、ドキュメントスキャナで読み込んで、Evernoteにぶっこみます。こうすることにより、例えば1年ぶりに保土ヶ谷グラウンドで試合する、とかなった時に、Evernoteで「保土ヶ谷」って検索すると、保土ヶ谷グラウンド利用上の注意とか出てくるわけです。脳内容積は限られている気がするので、Evernoteに補完してもらってます。

Facebook
やはりFacebookはスゴイです。今年痛感しました。チームでクローズドのグループを持つことによって、今までMLで何通もメールで往復していたようなディスカッションは全てFacebookグループで済むようになり、MLはアナウンスメディアとして、ある種綺麗になりました。またチームのメンバーが試合後、Facebookグループに試合のビデオの動画をアップしてくれて、それにコメント付けながら反省するようになり、プレイに対するディスカッションの機会も増え、とても良い空気を作れているように思います(編集している後輩は大変なんだけど)。昔は、平日の夜にある会社の会議室を借りてビデオ会やったりしてたのですが、時間的なバッファを効かせられるので、より社会人向けになりましたよね。また、ニュージーランド大使杯でFacebookページも活躍してくれました。またタスクフォースで別のFacebookグループを立ち上げて、限られた人数で期間限定でディスカッション、とかもしています。

Skype + Google Docs
これも後輩の発案で、ほぼ毎週、チームの運営についてSkypeで4人くらいで電話会議しています。毎回絶対4人集まらなくてもいいので、毎週やっとくと、かなりチーム運営楽になります。ただ話すのではなく、Google Docs開いておいて、リアルタイムで議事録つけながら、皆で共同編集するのが味噌です。箇条書きで作ると良いですね。これやっとくと、終わったら即、Facebookグループにドキュメントとして投稿できるので、ほぼ決定事項タイムラグなしにチームに配信できます。ラグビーの事務方で毎週上京するのは、横浜市民としてはキビシイですし、大変助かってます。

今後
例えばチームのWEBをFacebookページにしちゃうとか、出欠管理をFacebookイベントにしちゃうとか、もろもろ構想しています。割と楽したい、って主旨で書いてきましたが、本質的にはラグビーに時間を使ったら使うだけラグビーを楽しみたいので、圧縮できるコストはできるだけ圧縮したいし、多分そういう作り込みをしていった方が次の世代にも引き継ぎやすいんじゃないかと思ってやってます。で、コストを圧縮するだけじゃなく、コミュニケーションとかマネージメントとかにポジティブに作用しているなあという実感も結構あったりします。

実はこれってノマド仕事術なんですよね。ただ会社を離れてクラブラグビーの仕事をする時には、変な話、ラガーマン、皆ノマドなのだと思うわけです。だからそういうノウハウはできる限り還元したいなあと思っていて記事書いてみました。ご参考になれば幸いです。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram