2011/12/5

ニュージーランド大使杯というプロジェクト

昨日はここ数ヶ月準備して来たニュージーランド大使杯の当日でして、僕は今年から実行委員に加えていただきました。何となくイメージはあったものの、実際に実行委員としてどんなことをやっているのか、どういう段取りでどういう手順を踏んで進めてきたものなのかほとんど理解してなかったので、うちのチームとして手伝わなければいけない義務として参加する、以上に自分の人生の経験値としても、とても有意義なことだったように思います。

まあただ新米委員なので、これまでやってきたことは諸先輩方に教えてもらいつつ、今年から始まった新たな試みにトライさせてもらったので、僕(場合によってはET)としても、なかなかチャレンジングなプロジェクトになりました。

Facebookページやってみた

例年は僕が所属する首都リーグのWebサイトで告知していくのですが、今年は後述のチャリティもあり、首都リーグと三多摩リーグの、ある種、中立なメディアとしてFacebookページを立ち上げました。単純に大使杯に関して僕ができることってその辺りかなあと思い。

ただやってみて目論見と合致していたのは、Facebookページを事前準備の段階から立ち上げることによって、イベントに向けたプロセスを可視化できるんですね。チャリティすることになりました、グラウンド使えることになりました、来賓の方をご招待します、スポンサー決まりました、Tシャツデザインできました、みたいな。やはりWEBサイトだと決定事項をある程度綺麗にパッケージして出していかなければいけないですけど、Facebookページを利用することによってフローでどんどん情報を小出しにしていけることは良かったと思います。

実際の効果の程がどこまでか、というのは今後の課題ですが、今年始めたばかりの取り組みでしたし、来年も今回のスキームを参考にしながらもっと良いものに育てていけると思うので、思いつきで「Facebookページとかやります?」って言ってみて良かったです。

ニュージーランド大使杯(New Zealand Ambassador’s Cup)

チャリティした

今年は稲城市で開催するラグビーイベントからスクラム釜石さんとニュージーランド大使館へ義援金をお送りする、というチャリティ・イベントでもありました。元々、チャリティをやりましょうというお話はあって、じゃあどういう形を取ると一番良いのか、ということで皆さんと相談しながら進めていきました。

稲城市、ニュージーランド大使館、スクラム釜石さんからそれぞれ来賓の方にご出席いただき、おそらく喜んでももらえ、とても良かったと思ってます。なかなか日々の仕事で何か支援をと言っても難しいですから、今回のチャリティにはかなり燃えるものがありました。お陰さまでチャリティTシャツもほぼ完売したとのこと。

良い機会をいただいたと思います。

色々作った

Facebookページをはじめとして、パンフレットの表紙デザインやチャリティTシャツのデザインもやらせてもらいました。またETとしてもパンフレットにスポンサーとして掲載いただきました。やっぱり自分がコミットしているプロジェクトのモノ作りを手伝えるというのは嬉しいですよね。仕事柄。

当日のオペレーション

当日はなかなか要領を掴めませんでした。というのも、僕これまでのニュージーランド大使杯で、応接、駐車場管理、飲食担当、とかだったので、今回担当したグラウンドの設営や試合中の給水やボールボーイ、メディカルのスタッフの方の仕事って全然把握できてなかったんですよね。まずかったなあと思うのですが、これまでそれぞれのスタッフを毎年経験して来た方々がすごく協力してくださって、本当に助かりました。ありがとうございました。

まとめ

まあまだ全てが終わったわけではないのですが、今回は「一人じゃ絶対できないこと」に取り組めたなあと思います。普段はなるべく一人でするような仕事が多いだけに、「一人じゃ絶対できないこと」を通じて、イベントが成功したり、被災地の一助になったり、関わった人達に楽しんでもらえたのは、本当に良かったなあと思います。こういうのすごく良いなあ、と思いました。

昨日アフターマッチファンクションの会場に移動して、思わず出てきた言葉が「終わったァ」でしたし、飲んで酔っ払って出てきた言葉が「やりきったァ」で、反省とか色々あるんだけど、とりあえずとても有意義な経験できたな!と思います。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram