2011/9/25

何となく海外の良いものを探したい時にYelpを使い始めた

割とローテクな話なんですが。最近、Sumallyを始めて、色々な人が掘り出し物を見つけてきてくれるので、楽しいな、楽しいな、となっておるのですが、なんか自分も掘り出しモノ発見したいなあとか思うと、まあ情報ソースとして雑誌とかWEBサイトとか、TumblrやTwitterやFacebookで流れてくるものとかありますが、やっぱり能動的に探してみたいじゃないですか、舶来物。というわけで、最近編みだしたのがYelpというサービスを使うやり方です。

Stationary London

日本でもロケーションサービスとか流行り出したけれど、意外と旧来型のディレクトリ的にローカルのショップレビューを様々なジャンルで網羅的にまとめてくれているサービスってないですよね。Yahoo!ロコとかそうなのであろうか。なまじGroupOnとかが同時に流行っちゃったのが良くなかったのか。キャプチャの通りLondon X Stationaryとかで検索かけて、Rateの高い順番に並べ替えて、個別ページにサイトのURLがあれば、そこのオンラインショップでいいものはないかあ、という割とY2Kな手法で、Sumallyネタを夜気分転換に探していたり。

しかし、こうやって楽天・Amazon圏外で欲しいものに色々アクセスできちゃうと、いよいよ物欲の秋ヤバい、と思うわけですが。しかし、Yelp、だから食べログみたいなもんなんだけど、インフラとしてなかなか良いのではないかなあと思いました。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円