2006/2/2

スチューデント・シティ

ジュニア・アチーブメント ジャパン : スチューデント・シティ

「ごっこ」遊びの進化系でしょうか。小学校の中に街を作って、そこに実際の企業の店舗を作り、生徒が運営者と消費者の両方の視点から、仕事というものを学ぶという試み。

「サービスとは何ぞや」というところって、子供の頃から考えていてもいいことだと思います。子供たちもインタビューで、「お金をもらうということが、こんなに大変なことだとは知らなかった」と答えていました。

一方で、小学生のうちから「株」について教育しようという動きもあるみたいですね。

経済教育サミットの開催について

「お金」というものについても、あまり教育受ける機会がないですよね。何かでも、殺伐としてしまうんじゃないかなあと思ってしまいます。

でも僕みたいにこの年になってお金周りのことをあまり理解しておらず苦労するよりは、幼い頃から準備してた方がいいのかも知れません。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram