2006/1/25

一罰百戒

どこのチームにも、監督に槍玉に挙げられる選手がいるんじゃないでしょうか。例えば、不器用だけど努力家な子だったり、才能はあるけど気持ちの足らない子だったり、勿論、弱いものいじめをしているわけではないので、叩けば大化けするような期待感のある子に対して、チーム全体の風紀の戒めと、その人が生み出し得る求心力を目的に、そういうことをするんだと思います。

しかし、大人の世界は違いますね。

ライブドア事件をテレビのコメンテーターが「一罰百戒」と評していました。ライブドアの違法性というのは勿論裁かれてしかるべきなのかも知れないけれども、それ以上に「ライブドア流錬金術」に倣う企業がどんどん出てくると、市場の健全性が保てなくなるということなのでしょう。大化けした後に叩かれてるんだから、それは「愛の鞭」ではなくて「冷徹な烙印」ですね。

オン・ザ・エッジの頃からほぼリアルタイムで耳にして来た堀江氏の活躍ですが、ビット・バレー(覚えてますか?この言葉)という熱病みたいなものから生み出されて、成功した人たちであるわけで、何かあの頃の熱狂振りから生き残ったという自己愛が、こういう残念な結果を生んでしまったような気もします。

会社を持ってないからよくわからないのですが、株主の利益を最大限に考えるということが、最優先事項になった時の精神世界が想像できません。日本の企業風土というのは、いい意味で言えば、株主よりもお客さんを向いてるって意味で良いのかもしれないとすら思ってしまいます。マネー・ゲームをやってる人たちは、「まず株主の利益を考えるのが重要でしょう」と言って出て来て、後から世の中の反応を受けて、「いや視聴者が」とか「いやファンが」とか論を翻すのが、ここ数年で見てきた事案の印象です。

「経営の基本」の前に、「商売の基本」があるのが、良くも悪くも日本という国ではないでしょうか。「お客さんにありがとうって言ってもらえるから、バスガイドの仕事が好きです」と言ってるお姉さんのコメントが、妙に微笑ましく感じました。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

関連する記事