2011/7/11

ランチの肴にソーシャルメディア

最近、ことごとく職場復帰した知り合いの女性がソーシャルメディアやらなきゃいけなくなっていることに、軽く震撼している加藤です。今日もお呼ばれしたので恵比寿でパスタランチしながら簡単にソーシャルメディアについて話をして来ました。

とは言え僕そこまでソーシャルメディアに精通しているわけではなくて、今日もFacebookページの事例とかなんかないかしらね、と言われて、Red Bullと無印良品くらいしか思い浮かばなかったという意味で、講釈垂れる資格なんかないわけですが、そういう意味で言うと、僕そもそもWEBの相談でクライアントに呼ばれた時も、インタラクティブ広告の最新事例とか、WEBサービスの最新事例とかを披露するようなタイプじゃなくて、どちらかと言うと、話し聞いてる限りだとこんなことが大事そうでこんなことが必要そうですから、これくらいの範囲できちんと丁寧にコミュニケーションを図っていけば良いと思います、って感想言って帰って来るだけなんですよね。

というわけで、ソーシャルメディアもそんな感じでいいかあというわけで、どんな情報発信をしているとか、どんなマーケティングをしているかなどという話を聞かせていただきつつ、こういう風に考えたらどうざんしょうとか、こういう風に情報出せるかもねえ、みたいな感想を今日も言いつつ、楽しくパスタランチしてきたわけです。そういうのが仕事になればそれはとてもいいことですが、そうじゃなくても平日に旧友にランチ呼んでもらえるだけでも結構楽しいことですよね。横浜のチベット在住だけに。

先日Google+がリリースされましたね。ちょっと出遅れましたが、僕も先日、招待いただいて、ちょっと触ろうかなあと思っています。とりあえず、短縮URL取りました。

http://gplus.to/kosuk

僕、Experience Transportersという屋号で経験という言葉を使っているとおり、まずは僕のユーザ体験が物事を考えるためのベースになるので、Google+の感想はもう少しお待ちください。今の印象だと、かなり良さそうだけど、Twitter、Facebook、と来て、Google+もやるとなると、結構手間な気がしていて、TwitterとFacebookはかなり性格が対局なのと、今までのチョイスは「どちらか」だったから何とか回っているものの、三択となるとちょっと色々大変そうだなあという気がしています。まあ、少なくとも慌ててワッサワッサやらなくてもいいかなあと。

しかし、以前、「Social Dining – もう一度、社交に目を向ける」という記事を書きましたが、今日のランチとかもいいですよね。元々、僕の友人たちはWEBで悩んでいると、僕を思い出してくれて、下手すると大学とか、もっとだと高校卒業以来会ってない人とかでも、連絡をくれたりして、ありがたい限りです。まあ呼んだ分だけ、意味ある話はできないと申し訳ないので、もう少しは勉強もしないとなあ。1 Plate Lunchみたいな感じで、1 Lecture Lunchみたいなカルチャーにできると良いですよね。ああでも講義とか大それてるから、なんだろう。ワンワンワン…なんか考えます。まあ、加藤を呼ぶと話早いみたいになると良いですよね。そういうの流通するし。今日実はさるコンサルタントの方とティータイムをご一緒してたんだけど、そういうことへの入り口は案外、こういうところにあるかもなあ、とか。

まあ、しかし、あんまり気合を入れたり、あんまりシャチホコばってやることでもないですね。旧友に久しぶりに会えるだけで十分楽しいわけだし。適度に上京のお誘いがあることは良いことです。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram