2011/4/28

インターネッツは速度が命!

うちケーブルテレビのインターネット契約してるんですけど、最近、YouTubeやUstreamがコマ落ちするようになっちゃいまして。いやあ参ったなと思って速度測ったら2Mbps。ベストエフォートとは言え15Mbps出るサービスで2Mbpsってヤヴァいですよね。というわけでコールセンターに電話しまして、モデムとの直線接続で速度を再測定したりなんだり。まあコールセンターの人にはあんまりそういう意味じゃ期待してなかったのですが。

担当部署から折り返しお電話致します。

というわけで、お電話いただいたんですけど、担当部署というのが、施工業者さんでしたよ!で窓口の方がおっしゃるに。

調査にうかがいます。新しいPCを持ち込んで、速度を計測します。

あー、これはまずい、PC側の問題ならとっくに僕が解決しているので、業者さん、「ほーら、PCがきちんとしてれば速度出るじゃないですかー」ってストーリーを想定しているけど、多分そうならない。というわけで。

僕は速度が出ないって問題を解決したいんですけど、調査って問題の解決策じゃないですよね。ケーブルテレビさんにどういう対応ができるのかもう一度話してみます。

というわけで、どういう風に解決するつもりなのかコールセンターに聞いてみたところ。

こちらでは、現段階ではそこまでのことはまだお伝えしかねます。

みたいになってしまったので、あちゃー、これは、「ことなかれ」スパイラルにはまりそうになっているなあと。というわけで、コールセンターにケーブルモデムの交換品を調査の際に持って来てもらえるように交渉。

交換モデムも調査の際にお持ちするように申し伝えます。

というところまで漕ぎ着けました。ようは、今回のポイントは施工業者さんは当然ケーブルテレビの下請けなので、発注業者からの依頼として、施工業者さんに調査の際にケーブルモデムの交換品も持参する、という体にしたかったんですよね。施工業者さんは「調査」という業務しか、その段階ではケーブルテレビに発注されてない、ということはうかがえたので。

というわけで、業者さんたら調査なんかせずに、登場するなり速攻、多分モデム変えれば直りますとおっしゃって、交換したところ、見事に2Mbpsの接続速度が20Mbpsになったのでした!

電話で交渉は面倒でしたが、多分、3者(契約者、ケーブルテレビ、施工業者)的に最もスムーズな問題解決できたので、結講満足でございます。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円