2005/10/13

ユーザビリティという言葉をあまり聞かなくなったけれども

2005年 ウェブ・デザインの間違いトップ10

Jakob NielsenのAlert Boxってユーザビリティ研究の総本山みたいなWEBサイトがあるんですが、そこの記事より。

今年度のウェブ・デザインの間違いトップ10は、基本に忠実なウェブ・デザインに立ち返る必要性を明らかにするものとなった。メーリングリストやウェブサイト、カンファレンスに至るまで、インターネット業界では、新しく、魅力的な“Web2.0”機能に関する話題が尽きない。しかし、ユーザはテクノロジーなど気にしておらず、新しい機能など望んでもいない。彼らはただ、基本的な部分での質の向上を求めているのだ。

・読むことのできるテキスト
・疑問を解消してくれるコンテンツ
・欲しいものを見つけるのに役立つナビゲーションや検索
・簡潔なフォーム(登録、チェックアウトなどの合理的なワークフロー)
・バグや誤植、信頼できないデータなどのない、リンク切れや期限切れのないコンテンツ

こないだ打ち合わせで何となく、「WEBサイトのトップページより2ページ目、3ページ目あたりの小見出し、というようなところがユーザにとっては実はクリティカルな部分かも知れんですよね」というようなことを言ったのですが、そんな流れで、僕は特にWEBに特化したライティングが重要だと思います。SEO(検索エンジン最適化)にも関わってくるけど、いかにキーワードを適切に明解に用いて、ある一定の温度できちんとした論理体系(文章の構造)を伝えてあげるか、というのが大事です。テンションの浮き沈みが激しい人とか付いて行けないときあったりするじゃん。

でも一方で、例えばユーザビリティ達成度みたいなものを数値化して、WEBサイトを分析するみたいなことはあまり好きじゃないんですよね。杓子定規で計れるほど、ユーザの行動は均一で予測可能なものではないと思うし。ようは使い勝手とクリエイティビティのバランスってのは、作り手の匙加減だと思うんですよね。いい言葉じゃないですか、「匙加減」。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円