2010/11/25

Person as a Media – その時メディアはサービスになる

TLで直近ソーシャルについての議論が盛り上がっているということを教えてもらいまして、遅ればせながらいくつか記事を読んでみました。リアルとバーチャル、オープンとクローズドという対比が印象に強かったですが、僕はちょっと違う文脈で考えてみようと思います。

Person as a MediaはET Luv.Lab.のサブタイトルです。ET Luv.Lab.自体はメディアではなくサービス、Person as a Mediaとして成立している人を紹介する、世の中に色々あるうちのサービスの一つ、という位置付けです。突き詰めていってしまえば、凄く興味深いコンテンツが生み出された時に、Facebookに掲載されるのか、Twitterに掲載されるのかってのは大きな問題じゃない気がしていて、尖閣のビデオ流出じゃないですが、起点に人がいるわけですよね。

そう考えるとメディアとしての特性はTwitterにもFacebookにもあって、そういう意味では評価軸を作って切り分けられる。僕の見解は、「収束と拡散、FacebookとTwitterを対比する」などでまとめていますが、ビジネス的なことはさておき、コミュニケーション論的にソーシャルの面白いところは、なにせ情報発信者単体(人、企業、団体)がメディアになる、という点だと思います。

実際、僕らはTwitterもFacebookも使いますし、Mixiも使うかも知れないし、その他のUGC的なコンテンツのコメント欄でもコミュニケーションするかも知れないし、Skypeなぞもあるわけで。それら様々を使い分けている現状を考えると、これまで「メディア」と呼ばれていたものも「サービス」として捉え直したほうが、綺麗にコミュニケーションを俯瞰できると思うんですよね。

メディアからサービスになることがデグレード、というわけではなくて、むしろコミュニケーションの具体的なロールを任されるわけですから、役割分担に素直な表現になるだけではないかと。

だから表現における5W1Hを考えた時に、それに応じたサービスの取捨選択だけがあればよくて、ソーシャルはオープンかクローズドかリアルかバーチャルかっていうのは、やり方の議論ということで、それぞれその人その状況に応じてってことで割とさらっと流していいことなんじゃないですかね。

むしろ、ソーシャルメディアという新しいメディアが、みたいな考え方をそろそろ卒業するタイミングではないかと感じています。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円