2005/8/24

New York

喫茶店でラップトップ開いて仕事してたのですが、隣の主婦2名様が、何故か「慶應ニューヨーク学院」のお話をされてました。「英語はできてあたりまえ」、「60名中2名も医学部に行けるんだから付属校の中で一番倍率低い」、「日本からも入学を受け付けるようになってレベルが下がった」などなど、卒業生の僕も知らないようなこともわんさか語ってました。

同期が今NYに会社の研修で行ってます。そいつは外資系の金融会社に勤めているのですが、仕事楽しんでいるようです。そろそろNY校もNY生が大学でどうか、という話から抜け出て、卒業生が社会に出て何してる、ということが語られないといかんですね。

ちょっとノスタルジックな気分になって、EsquireのNew York特集買ってしまいましたよ。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram