2010/9/6

12年分の書類を電子化した

先週末届いたCanon imageFORMULA DR-150を使って、18歳の時からの書類の電子化をしました。ダンボールやキャビネットから取り出して、どんどん電子化して行ったら、こんなにうず高く積み上がってしまいました。

Canon imageFORMULA DR-150
Canon imageFORMULA DR-150

posted with amazlet at 10.09.06
キヤノン (2009-10-16)
売り上げランキング: 196
おすすめ度の平均: 4.5

4 手軽さがいい
4 概ね満足しています
5 雑誌のPDF化に最適!
5 買って良かった
5 iPhoneとのコンビは最強

とは言え、全部電子化していてはきりがないので、

  1. 自分で作った書類は元データが手元にあるのでいらない
  2. 修正指示書は既に済んだ話なのでいらない

という判断でかっ飛ばしていったのですが、それでも書類160部、それぞれの塊が20ページとかあるものも多かったので、結講大変でした。ただやっぱりOCRがかなり優秀で(スキャナ側の精度なのか、Evernote側の精度なのか、定かではないですが)、色々検索かけてみても思い通りの結果が返って来るので、これからもかなり重宝しそうです。

ドキュメントスキャナとEvernoteで、精度+スピード+コスト×クラウド=超絶便利という感じです。紙はコミュニケーションのメディアであるうちはこれからも有用だと思いますが、ダンボール箱に片付けるようなものは、省スペース+検索性+活用度という意味で、電子化したほうがいいですね。これからも色々利用方法を考えていきたいと思います。

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram