2010/8/19

老化

老いというのは誰しにも平等である、
というが実際は違うと思う。

老いの怖さはそれまでできることができなくなってしまうことだと思う。
自分で自分を不本意に感じる、そんなイメージだ。

個別の症状で人間はそれを実感する。
髪が抜けたり、関節が痛んだり、病を患ったり。

年齢という意味では老いるというのは数字的なことだけれども、
実際は対処せねばならない具体的なこと、
が出てきた時に老いを実感するんだと思う。

30歳にしたって老いはある。
体力が落ちるとか、腹回りがダブつくとか、酒に弱くなるとか。

対処せねばならない具体的なこと、
が早く発現する人もいるし、あまり表立って出て来ない人もいる。
それで、どちらが幸せかという話じゃないんだけれども、
人間、自分の体や精神に「不本意」を感じ始めると、
老いるという現象が発生したことになるのかななどと。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

関連する記事