2005/1/10

Jamal

大学時代、マレー・インドネシア語の授業で何となく選んだ名前なのですが、えらく愛用しております。仕事のメール・アドレスも昔はJamalでしたし。大学の旧友から「じゃまーるっ!」と呼ばれることもしばしば。

Jamalというのは七大天使のアズラーイルの真名、アラビア語の’Ana-j-Jamalから来ているそうです。Anaが「私」、Jamalが「神の絶対美」を意味するとのこと。でも、このアズラーイルは「死の天使」としても知られ、死の心構えをさせるという仕事と、美しくなりたい、健康になりたい、長生きしたいという願いをかなえるという権能の、相反する双方を合わせて持っているんだと。不老不死の仙酒(ネクター)を与えてくれるという伝承もあるそうです。

人間の霊的な成長を促す天使というところでしょうか。

なかなか神秘的なバックグラウンドがあるのですね。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

関連する記事