2005/1/9

ro : ショルダー・バッグ

ro.jpg

横浜SOGOをぶらぶらしていて、パッと目を引くショルダー・バッグを発見しました。グリーン!しかも、ライムグリーンでもなく、モスグリーンでもなく、オリーブグリーンでもない、発色のいい抹茶色!出会ってしまったという感じでした。

発見したのはWorld Design Degreeというお店で、ここにはDries Van Notenとか(着れない)、Neil Barretとか(着れない)、とにかく一流どころのブランド品が並んでおりました。roというブランドは僕も詳しく知らなかったので、某ゴールデンイーグルス内のショップから説明を抜粋。

Style Shop Nutsより

大人のライフスタイルに相応しい”デザインと機能性を持つバッグ”の制作を目指して1999年、NY在住の建築家/Gene Miaoとアパレル・デザイナー/Yvonne Roeによる互いの専門領域を越えたコラボレーションがSTART。

互いのファミリー・ネームの最初と最後を頭文字を結んで生まれたブランド・ネームが示唆するように、男女のMix & Matchが【ro】のデザイン・コンセプト、様々なエレメントやスタイルが複合的にからみ合いながらもシンプルでストレートな主張を生み出しています。また現在はRMd studioとして【ro】を中心に欧州の有名ブランドのデザイン開発にも携わっています。

建築家とアパレル・デザイナーのコラボというところに、何やらただならぬ必然性を感じますな。実は僕ここの鞄、以前自由が丘のCIBONEでも見ていたのですが、真っ黒ので、ちょっと機能美に走りすぎかなあ(遊びがない、ないし僕の好きな遊びでない)という印象で、お流れにしてたのですね。しかし、繰り返しますが、この発色のいい抹茶色!は気に入りました。ちなみに素材はバリスティック・ナイロンとレザーのコンビです。

セール中というわけで、当然ディスカウント。40パーセントオフ。

ここの担当の店員さんもCIBONEはよく行くらしく、しかも青山店は家具が多くなったということで小物の多い自由が丘店が好みらしく、CIBONEの話やら、SIXの話やら、自由が丘談義に少々華を咲かせてしまいました。せっかくなので山久の宣伝もしておきました。イマイチ場所が説明し辛いんだけど。

これで正月の買い物はおしまい。

実はこの色、うちの祖母ちゃんに薦めて買わせたレザーの編み込み鞄と同じ色なのでした。祖母ちゃんとペアルックもどきできますな。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円