2010/3/19

ハイブランド

ハイブランドというのも大変だそうである。
ステータスシンボルとしての役目を終えたというか。
別にステータスシンボルというのは後付な役割なんだろうけど、
ステータスをシンボライズする必要がない時代になったというか。

相変わらずファッション的なことは嫌いじゃないんですが、
モノとして良く出来ているかというのは大事だと思う。
で、ブランドで安心を買うみたいな感覚は、
全くと言っていいほど無くなった。
ブランドへの憧れ、みたいなものがない。

なんだおまえブランディングの仕事をしているじゃないか。
いやいや、ブランドイメージ主導の時代が終わった気がするのだ。
クリエイティブのマネージメント中枢として、
ブランディングということは今後も必要になってくると思う。
ただユーザとして品評するのは、
ブランドイメージという莫たる後付けの何かではない。

パタゴニアを好きになった理由:
お世話になっている先輩が毎日のように着ていて、なんでそんなに好きなのか知りたくなった。

GAPを好きになった理由:
家から近くてサイズがあって、昔から着てるから。

Canonを好きになった理由:
プリンタ、スキャナ、カメラと増やしていって、どれにも大きな不満が出てこなかったから。

とか、雑誌やTVやラジオがそんなに影響力を持たなくなったって時代にあって、
ユーザに働きかけるものって「ぐるりのこと」だと思うんですよ。

じゃあ、その「ぐるりのこと」にどうやって広告投下しようかって議論は不毛で、
どうするのっていうと、良いものをより良く使ってもらうしかないんだと思うんですよね。

そんなことを考えてブランディングの仕事をしております。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram