2010/2/19

就職率

なんとか率というのは、
大抵統計の仕組みが実に怪しい。
怪しさから言ったら、なんとか力に等しい。

数値として明示されているわけだが、
その根拠が結構グラグラだったりして、
砂上の楼閣だったりする。

ニートって日本で使われる言葉ですが、
お隣韓国ではイテベクって同じ問題があるみたいだし、
世界に目を向ければ失業大国はたくさんある。

大卒73.1%とという数字が出ているけれども。
僕の聞いている話だけだともっと低いという印象。
しかもこれは瞬間最大風速ではないという印象。

こんなことを言うのは藪から棒ですが、
僕は就職率が低くても成立する社会のデザイン、
って言うのが本腰入れて必要だと思う。

後、大半の人の人生が就職で決まる、
みたいな幻想もぶっ壊してしまわないといけないと思う。

就職で人生が決まる人もいるのかも知れないが、
それは全体から見たらほんの一握りのことであって。

それでも学生さんに、
就職するかどうかのそもそも論を問答させるのは、
なかなか厳しい。

僕は今までの仕事を続けるか就職するのか、
ということを考える機会がたまたまあったけれども、
それは全体から見たらほんの一握りのことであって。

選ばれし者しか仕事ができない、
というのは健全ではない。
けれども選んだ仕事しかしたくない、
というのも実は健全ではない。

こないだこんな問答があった。
「どんな仕事をしたいのか?」
「誰かのために役に立つ仕事をしたい」
「そもそも誰かの役に立たないことを仕事とは言わないよ」

その辺をガラガラガラガラしないといかんと思う。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

関連する記事