2010/1/1

鳥居みゆき

あまり好きな芸人とかいないのだが、
鳥居みゆきは好きである。

チャンネルをバチバチやっていて、
たまあに彼女を見つけるとほくそ笑んでしまう。

例えるならばたまたまつけた歌番組で、
運良くPerfumeが登場してきた時のようなものだ。

で、鳥居みゆきを語ってみようかと思ったのだが、
あれを語ろうなどというのも野暮ですね。

ホント、職人芸だと思うのですよね。

人間、気に入るというのには、
ああなりたいというのと、
ああはなれないというのとあると思うのですが、
ああはなれないの極みだと言うとわかりやすいのか。

諦めの上での称賛なわけで、
脱帽の上での降伏なわけで、
感嘆の上での屈服なわけである。

それで背徳感が好き、とか言われた日には。

あの人の笑いには今日もメロメロである。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

関連する記事