2009/12/11

簡単に2009年の読書の傾向を調べてみた

今年ももう幾日もありません。あと何冊読めるのでしょうかね。読書はやっぱり人生を豊かにしてくれますし、癒してくれますし、刺激をくれるので、欠かせない生活の糧です。「Book」のカテゴリを参照したところ、今年は12月11日現在で、計60冊でした。6日に1冊という感じですね。で、その傾向を調べてみました。かなり大雑把ではありますが。

  • 小説…18冊
  • 随筆…12冊
  • 社会…8冊
  • 写真・美術…13冊
  • デザイン・プログラミング…1冊
  • ビジネス…7冊
  • ノンフィクション…1冊

なあんか、分類の仕方がよくわからなかったのですが、やはり小説はどっぷり。続いて随筆、写真・美術関連が並びます。ビジネス関連の本、7冊しか読んでないだわ。ちょっと問題だな。買ってはあって拾い読みしたりはしているのですが、とんと読まなくなってますね、ビジネス書。まあ、小説はともかく、随筆や社会批評あたりの方が、ただの自己啓発的なものより100倍役に立つとは思っているのですが。にしても今年のスマッシュヒットは白洲正子さんと辰巳芳子さんでしたね。

日本のたくみ (新潮文庫)
白洲 正子
新潮社
売り上げランキング: 110171
おすすめ度の平均: 4.5

4 職人の力
5 白州正子にしか書けない。
5 たくみの姿勢

味覚旬月 (ちくま文庫)
辰巳 芳子
筑摩書房
売り上げランキング: 132262
おすすめ度の平均: 4.5

5 枕元に置いて、時々、読みかえしたい料理本
4 買いやすくてよいです。

しかし、どんどん好きな著者が高年齢化して行くなあ。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram