2009/11/21

『三銃士』 Alexandre Dumas

三銃士〈上〉 (岩波文庫)
アレクサンドル・デュマ Alexandre Dumas 生島 遼一
岩波書店
売り上げランキング: 89677
おすすめ度の平均: 4.0

4 使命感と友情
5 名訳だと思います
5 楽しい冒険小説
4 デュマの傑作
1 翻訳に難点あり

『モンテ・クリスト伯』が面白かったのと、某アイドルの逮捕でNHKアニメの『三銃士』を思い出し、岩波なら読み応えあるだろうと思って手に取ってみることに。しかし、西洋の騎士の話ってのは、純粋な冒険活劇と言いつつ、男に利用される女と、女に利用される男の話がベースになりますね。上巻でちょっと間延びしますが、終盤はかなり面白いです。あんな結末だったんですね、『三銃士』。子供の頃に覚えたストーリーを、しっかりした翻訳で読み直すって作業は結構楽しいかも。先ほどAmazonレビュー読んでいたら、どうやら続編的な部分があるみたいで、僕が読んだのは『三銃士』の第一章ということになるようです。確かにミレディーは大活躍でしたが、鉄仮面は出て来なかった。続きはどこの出版社のを読めばいいんだろう。悩ましい。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円