2005/7/5

古くなった香水はどうやって捨てればいいのかという疑問

僕も高校生の頃は香水つけてました。ちょうど『東京ストリート・ニュース』なる雑誌とか出てた頃でして、ブランド物と香水が高校生の間で流行った時代です。戸塚が生んだ有名人というと、奥寺康彦と妻夫木聡くらいですが、その妻夫木氏も確かストニューから輩出されたのだったと思います。

それでまあ、僕の部屋にかれこれ8年ほど置き据えられていた香水達、Hugo BossとIssei Miyakeだったのですが、捨てようということに相成りまして。でも、昨今のゴミ分別の取り締まり状況だと、やはり瓶を破壊して中身を出さないといかんでしょう、というわけで、外でビニール袋に入れて金槌で粉砕。

近所の方々ごめんなさい。

恐ろしいほどの臭気が辺り一面に立ち込め、香水酔いで酩酊状態になっております。気持ち悪い。瓶2個分ともなるとやっぱりスゴイですね。驚愕の事実でした。

古くなった香水はどうやって捨てればいいのかという疑問。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram