2008/7/19

花の盛りがわからないやつに、女の盛りがわかるのか

いやあ、名言ですね。誰かが言ってました(内緒)。

僕は割りと好んで花の写真を撮っています。奥は深いんでしょうけど、基本的にはあんまり被写体動かないし、どこに行ってもあるし、初心者向けの題材なのではないかと思って、頻繁に撮ってます。というように大抵説明しています。面等向かって「花は妖艶だから」とか「花はセクシーだから」とか言ってドン引きされても困りますし(とは言え、別にそう言う強烈なモチベーションがあるわけでもないのだけれど)。

花の盛りというのがあります。あるそうです。僕は良く花の盛りでない花も写真に撮っています。でも思うのですけど、桜が満開になりました、はい、桜を見に行きましょうってのもつまらないような気もします。僕は割りと葉桜の時期が綺麗だなあと思ったりもしますし、ソメイヨシノがたくさん咲いているより、八重桜がポツンと佇んでいる方が綺麗だなあと思ったりします。

永谷川こんなのは結構花の盛りなのではないかと思います。何かこうエネルギッシュで地から天を衝くような勢いがあります。少女マンガ誌の表紙みたいなイメージというか。まあでも、皆が皆盛りで、嘘っぽいなあって気にもなったりします。

柏尾台向日葵というと、そのまま太陽のイメージですが、屹立した時より、ちょっとしおれた向日葵に何か味というか、もう少し風合いのある表情を見ることもあろうかと思うのですよね。最盛期が必ずしも一番情感豊かなわけではないなあと。

舞岡公園では花は枯れたら死に体なのかというと、そういうわけでもない気がします。明日には重力のままに落下するであろう、枯れ果てた花の残骸が垂れ下がる姿も、空間として見ればその時にしかない味があるような気がします。死を連想させるものはグロテスクでありエロチックであるというのは、ある種、小川洋子氏的発想ですが、そういう世界が引き込む力もあるのだろうと思います。

色々うだうだ並べてきましたが、結局、女の盛りどころか、花の盛りも僕にはよくわかりません。ただ、「盛り」って時系列で見ていかないと、自分の主観として判断できないものだなと思います。「花の盛りがわからないやつに、女の盛りがわかるのか」というのは激しく正しいと思うのですが。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円