2009/11/3

kosukekato.comをMovableTypeからWordPressにお引っ越し

遂にkosukekato.comをWordPressに対応させました。実は今回、意外と一筋縄でいかなそうだったので、この2日間電車移動とかも使って、2つのやり方を試してみました。

  1. 固定リンクを変えずにスムーズにMovableTypeからWordPressに移行するまでの作業ログ – IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ
    良いんだけど、改行周りがおかしくなるのと、タグとカスタムフィールドが引き継げない
  2. Movabel TypeからWordPressへ:WXR(WordPress eXtended RSS)でURLも移行! – Notebook :: Hibi no Note
    カテゴリも書式も引き継げるんだけど、カテゴリリストやタグリスト周りがおかしい(記事のタグは設定されているんだけど、タグの登録記事数を見ると0件と表示されてしまう、記事数多過ぎるせい?)

で色々試した結果タグの継承は諦めて、その代わり、書式とカスタムフィールドは引き継げる方向で行くことにしました。1がメインになりますね。で、ここで目から鱗だった記事。

WordPress:MovableTypeからの移行 @ オヤマ日記飴

なあんと、改行の最後で</p>つけておくと、行の頭から段落として扱ってくれるというじゃありませんか!なので、秀丸マクロでゴリゴリやりました。また、カスタムフィールドについては、1の記事でURLを引き継ぐTipsが紹介されているので、これのカスタムフィールド版を作ってやれば良いのです!

="insert into wp_postmeta set post_id=’"&B1&"’, meta_key=’Flickr’, meta_value=’"&C1&"’;"

そうするとこんなSQL文が作れます。

insert into wp_postmeta set post_id=’1994′, meta_key=’Flickr’, meta_value=’http://farm3.static.flickr.com/2013/1598332793_82936bcd62′;

エクセレント。後はURLの時と同様phpmyAdminでインポートしました。

まあ、タグが引き継げなかったのは大変残念ではあるのですが、元々、僕キーワードのように扱ってましたし、こういうの諦めが肝心だと思うので(じゃないと切りがない)、しょうがないと思うことにします。ちなみに上のエクセル関数使う方法では、タグのインポートできません。CakePHPで言うところのHABTM状態になっているので、記事IDに対応するタグをUpdateするという方法ではだめなのです。

後は今テンプレートを調整しただけなので、前のデザインに合わすなり、どうにかして、さっさと運用できる状態まで持っていこうと思います。データのインポート、簡単とは言いつつもこだわるとなかなか難渋ですね。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円
WordPressデザインレシピ集
狩野 祐東
技術評論社
売り上げランキング: 197,569
WordPress 高速化&スマート運用必携ガイド
こもりまさあき 岡本渉
エムディエヌコーポレーション
売り上げランキング: 435,263

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram