2009/10/20

気持ち悪さ

オプティミズムが大事とか言っているのだが、
ちょっと最近ネットがいかにせん気持ち悪いんじゃないか、
そんな話になった。

ライフログとか、
ソーシャルメディアとか、
果てはARとか、
物凄い勢いで世の中の情報は増殖し続けていて、
それが人類の進化かっていうと、
ちと本物を追求するみたいなところが欠けている、
そんな話をしていた。

かく言う僕も、
インターネットに住んでいるは言い過ぎだけれど、
人格としてのネットとの親和性は高い方だと思うし、
それらもろもろの情報氾濫の渦に巻き込まれつつ、
そういうものに大した嫌悪も抱かずにいる、
でもそれこそ実は大いなる問題なのではないか、
そんな話だ。

じゃあ情報じゃなくて経験だ、
なんていうとそれはベクトルの違う話で、
むしろそれこそ人間が人間国宝に昇華されるような、
時間軸の長い本物の追求がなきゃいけないんだと思う。

とか言いつつ毎日ブログを更新するような人なので、
何も説得力はないんだけれども。

ただ人生を終える時に、
僕は僕が情報としてしか扱われない、
ということはちと寂しいと思うのです。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

関連する記事