2009/9/29

襦袢 the アヴァンギャルド

親が面白いもの干してるなあと思って、聞いてみたら、これ着物の襦袢なんだそうです。

襦袢 – Wikipedia

「襦袢」は元々ポルトガル語の「ジバゥンgibão」を音写した語で、漢字は当て字である。 元来は丈の短い半襦袢が使われていた。のちに絹製の長襦袢ができた。

襦袢をもし「下着」に分類するならば、見せる着方が正式な着装法とみなされている点で世界の民族の下着の中で例外的な存在である。

こんな柄同士は合わせないでしょー、という感じですが、不要な生地で作っちゃうんだそうです。着物の下から見える所だけ、同じ柄を宛がっているんだそうです。

昔の人はエコでお洒落にうまくやってたんですねー。感心感心。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram