2009/9/20

ヘッドキャップ

ラグビーにはあまり防具はないが、
頭は大事なのでヘッドキャップをする。
別にルールで全員着用というわけではないのだが、
なんせ、個人事業主、
最低限の保険はかけておきたいのでかかさず着用する。

ヘッドキャップは長いので「ヘッキャ」などと呼んでいる。
僕がラグビーを始めた頃は、
パンパースを逆さにしたような形をしていたが、
高校の途中くらいから、
アルマジロのようにパッドがあてがわれた、
今の形になって随分ファッショナブルになったように思う。

今じゃ迷彩色とかもあるんですよ。

さてこのヘッキャ。
ずっと着用していると当然汗をたくさん吸うので、
匂う。

普通に洗濯していても、
ちょっと洗濯忘れたりして時間が経ってしまうと、
匂いが吸着してしまう。

試合中はしょうがないが、
さすがに身につける瞬間から悪臭を嗅ぐのは、
いくら自分の匂いとは言え耐え難い。

そんな中、待望の解決策が発見された。
キレイキレイで洗うのである。
匂いの元の菌を殺菌しながら、
爽やかな香りが漂って、
何とも卸したてのシャツを着る時のような気分になる。

匂いの原因菌を殺菌して、
みたいな謳い文句がウソ臭いと思う人は、
ヘッキャを買って来てガンガン汗を掻いて放置して、
いい塩梅になった奴をキレイキレイ洗浄してみればいいのだ。

化学は偉大である。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram