2009/9/1

ガラガラポンなるか? – 民主政権に思うこと

民主党大勝ちしましたね。ある程度予想されていたことだとは思いますが、流石に驚かされました。Twitterで「選挙番組ってスポーツ番組だね」との発言があり、なるほどなあと思ったり、ビートたけし氏が「国民も選挙で政権交代させたっていう爽快感があるんだろうね」と指摘していて、なるほどなあと思ったり、小選挙区制の怖さだとか言ってますけど、ある意味民意が顕著に選挙結果に表れたのであろうし、むしろ小選挙区で落選した人が、比例で復活当選という重複立候補可能な仕組みの方がおかしいと感じるわけで、まあなんにせよ、戦後史の中でも最も重要な選挙の一つに数えられることになりそうです。

今が駄目だからガラガラポン、っていうのはOSがおかしなことになっちゃったからクリーンインストールするしかない、って安易な発想ではあるとは思うのですが、以前、「ガラガラポンとベーシック・インカム」でベーシック・インカムという切り口で国家と国民を取り巻くお金の関係性から、国家像自体を再構築できないだろうかということを考えましたが、民主党の話を聞いていると、まず国民一人一人に必要なお金を配分する政策を実施するための予算を確保して、その上で残りの予算で事業仕分けしつつ既存の予算も大幅に組み替えるということですから、案外考え方は近いのかも知れません。当初話にあったような無駄を削って浮いたお金を国民に還元するというような「上澄みの移動」だけではないようなので、ちょっとどれだけのことができるのか期待しつつ見ています。

マニフェストについては特に子育て支援とか高速道路無料化とかがフォーカスされていますが、個人的には個にお金を給付することで消費を促進し内需を拡大するというロジックはイマイチピンと来ていなくて、むしろ制度的に困難な条件にあるところの優遇措置を図りつつ、構造的に破綻している制度設計にメスを入れていくという、両輪が必要なのではないかと思っています。医療も介護も教育も農業も、労働条件やサービスの質、競争力が著しく低下しているのは、そもそもその世界にあるシステムが破綻しているからだと思うんですよね。霞が関改革がまずもってその突破口だと思うのですが、サステナビリティが担保できていない、けれども、世のため人のために必要不可欠だという分野には、積極的に行政がリーダーシップをとっていかなければいけないと思うのですが、それは現状のシステムに足りないお金を補填してやるのではなく、システムのガラガラポンをやってかないといけないと思うのです。

破綻と言えば自民党です。菅義偉氏が「次期総裁は派閥の長の経験者では勤まらない、これが自民党再生へのラストチャンスだ」と言っていました。自民党というのは「与党であること」が長い間存在価値であるように僕なぞは見えてました。「建設的な野党」みたいな言葉がありますが、そもそも自民党という集団のレゾンデートルって中にいる人も見えなくなっているんじゃないですかね。ともすれば今日の段階でも「与党に舞い戻ること」がレゾンデートルになってるんじゃないですか。「国民の支持を得るために、なになにをしなければいけない」ではなく「なになにをしなければいけないから、国民の支持が必要だ」なのであって、目的と手段が逆転しているんですよね。民主党がそうではないとも言い切れないところもありますが。

「小泉時限爆弾が遂に爆発した」のか「55年体制の延命治療の限界」なのかわかりませんが、選挙中の自民党のネガティブキャンペーンを見ても、いかに旧態依然の国民を小馬鹿にして発想が、意志決定の仕組みに根深く息づいているかわかります。自民党も糾弾されるのと同じくらい、自民党の広告キャンペーンをデザインした人たちも戦犯だと思います、個人的には。ああいう知性を愚弄したものが、世に受け入れられるとまだ思っている人たちが、そういう業界でリーダーシップを持っていることは恥ずかしい。立派な税金の無駄遣いです。恥を知るべきです。

今回の選挙の結果を受けて、世の中が変わらない、ということは有り得ないと思っています。良くも悪くも変わるのではないですか。こういう変化の時に、主体性を持って国家の行く末を見守る目が、一人一人に必要だと思います。政治で世の中は変わらない、というのは多分嘘で、政治による世の中の変化を「自分に関係ない」と思っているということだと思います。昨日、ビートたけし氏がインフルエンザでの死亡者より自殺者の方がよっぽど多いけど、なんとなく人はそこに目を向けたがらない、というところに怖さがある、とおっしゃっていて、その感覚は大事だと思います。「分業について考える – 乖離と吸着」で取り上げた、飴屋法水氏のインタビューにも通じるところがあります。関係あることと、関係ないこととを、無意識のうちに切り分けて済ましている怖さってあると思うのです。

政権交代ということを受けて、日本人の「政治に対するスタンス」というものが一段レベルアップできればいいと思います。変化の中で、企業活動が、メディアの役割が、個人の生きる意味が、少しずつ再定義されていけばいいと思います。それが今回の選挙を受けて僕が思うことです。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円