2008/5/18

紹介責

蒋介石の打ち間違いではありません。紹介する責任ということを、最近身の周りの色々なことで感じました。ですから、ざっくりそんな話をまとめてみようと思います。

こういう業態でこういう仕事ですから、割とクライアントにクライアントを紹介してもらうようなケースが間々あります。僕の営業活動というのは今やってる仕事でクライアントに満足してもらうことなのですね、それでともすると、他のクライアントを紹介してもらったりするわけです。

ただ紹介してくださった方は紹介した責任があるから、ということをいつもおっしゃいます。つまり「ちゃんと仕事をやってね、俺が紹介したんだから」ということです。勿論、クライアントの顔に泥を塗るようなことがあってはならないわけです。

また僕がクライアントに誰かを紹介しなければならないことがあります。ライターやカメラマンやシステム会社なんかですけど、そういう要望にはできるだけ応えたい反面、プロジェクトに自分の努力如何でコントロールできない因子が入って来て、それに紹介の責任が伴うというのは、結構リスキーだったりします。

さる後輩が4月から僕の紹介でとある会社で働いています。ここにも僕には紹介した責任が付き纏うわけで、とは言え、僕には大した責任能力があるわけではないのですが、逆に言えば紹介した僕にも責任があるからという意味でも、彼に頑張って欲しいなあと思います。

もっと言えばインターネットのアフィリエイトなんかも紹介ビジネスですから責任が本来的にはあるはずなんですよね。アフィリエイトの世界にはあまりそういう意味での責任意識というのは介在してないようにも思うのですが、誰かに何かを紹介するという行為には少なからず責任が伴うはずなんです。でも、そうすると途端に敷居が高くなってしまって、インターネットの世界との親和性が低下しちゃうと思うのですけれども。

飲み会だって合コンだってお見合いだって、紹介する側にも紹介される側にも何かしらの責任というのは生まれるわけで、実は「紹介」という行為は簡単というかお気軽のようで、その実非常に難易度の高い社会活動の形態なのではないかと。

僕は割と人に人を紹介するのは好きな方です。そうすることで開けていく未来というものの魅力を知っているからです。けれども、そこにある「紹介責」を十分に認識しておく必要は常々あるだろうと思うわけです。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円