2009/7/27

美人な小説、というのもあるな

以前、「美人な映画が観たいんだ」という記事を書きましたが、昨日、小川洋子さんの『ミーナの行進』という本を読んでいて、「美人な小説」というのもあるなあと思いました。

ミーナの行進 (中公文庫)
小川 洋子
中央公論新社
売り上げランキング: 7670
おすすめ度の平均: 5.0

5 芦屋が舞台の傑作小説の誕生を祝福する。
5 涙が出ました

となると梨木果歩さんあたりも引っかかってきますね。

西の魔女が死んだ (新潮文庫)
梨木 香歩
新潮社
売り上げランキング: 309
おすすめ度の平均: 4.5

5 とても暖かい気持ちになれました
5 優しいファンタジー
4 健全な死生観
4 自分の足でまっすぐ立って歩く
4 魔女

恩田陸さんも初期の作品は結構そうだな。

麦の海に沈む果実 (講談社文庫)
恩田 陸
講談社
売り上げランキング: 14004
おすすめ度の平均: 4.0

3 読後感は・・・・・・でしたが。
4 男の子達がかっこいい!
5 素晴らしい世界観!!
2 最後まで報われない
5 麦の海に沈む果実

男性作家でもこの辺はそうかも知れない。

檸檬 (新潮文庫)
檸檬 (新潮文庫)

posted with amazlet at 09.07.27
梶井 基次郎
新潮社
売り上げランキング: 11478
おすすめ度の平均: 4.5

5 焦燥と憧憬と浮遊感
5 世界で一番好きな本
5 ゆっくり読みましょう
5 梶井基次郎そのもの
5 長編散文詩

砂の女 (新潮文庫)
砂の女 (新潮文庫)

posted with amazlet at 09.07.27
安部 公房
新潮社
売り上げランキング: 3792
おすすめ度の平均: 4.5

5 本から砂が湧いてくる
2 あまりピンと来なかった。
5 ざらざら…。
5 高校生の頃、不条理にあこがれつつ、安部公房の不可思議性が好きでした。
5 人生の意味、自由と束縛、男と女の問題を高度な小説技法で描いた傑作

後は不朽のこの辺り。

森 (新潮文庫)
森 (新潮文庫)

posted with amazlet at 09.07.27
野上 弥生子
新潮社
売り上げランキング: 317316
新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫)
宮尾 登美子
講談社
売り上げランキング: 5610
おすすめ度の平均: 4.5

5 やっぱりドラマよりこちらですよ!!
3 説明口調が疲れる
5 先に読まないでよかった
5 この時代の女性の英知、そして覚悟
4 おもしろい

最後は篤姫でしめてみました。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram