2009/7/17

腕時計のベルト交換は楽しいということに気付いた

僕のメイン時計は天賞堂というところのやつなのですが、2度目のベルトの寿命がやって来ました。横浜に天賞堂があるので、打ち合わせ前に立ち寄って交換してもらうことに。「せっかくなので、今回茶色に変えたいんですよねー」と言ったら、年配の経験豊富そうな店員さんが色々見繕ってくださいました。

結局、赤茶っぽい感じの、型押しがしてあるレザーベルトに交換。ボリュームがあって大変気に入りました。色と厚みと素材感で何パターンか見せていただきまして、前回はデフォルトのやつに交換しただけだったのですが、今回は既製品にそこまでこだわる必要もないやと思って雰囲気と価格で決めました。

しかし、ショーケースに飾られていた「松坂牛ベルト」にはちょっとびっくり。さすがに、腕時計のベルト松坂牛じゃなくてもいいだろうと思うのだけれども。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円