2009/7/11

ARについて考える – 東のエデンが示唆するもの

『東のエデン』という作品は、何か90年代に『機動警察パトレイバー』や『攻殻機動隊』が未来に対して示唆的であったように、近未来に対する意欲的な描写が為されていて、興味を持って観ていました。

AR(Augmented Reality)という言葉が最近取りざたされています。VR(Virtual Reality)が仮想現実であったのに対して、ARは拡張現実と訳されます。言わば現実を補完する現実性、と言ったところでしょうか。

『東のエデン』にはその名も「東のエデン」というARを思わせるサービスが出てきます。携帯電話で写真を撮ると、その対象にまつわる情報がCGM的に蓄積されていく。街で見かけた気になる人の画像を写真におさめると、その人に関するネットの情報が瞬時に見れてしまう。作中でもその道義的問題点は指摘されているのですが、今まさに実践的なARサービスになりそうだとされている、日本の「セカイカメラ」というサービスがまさにこのラインだと思うのです。

携帯をかざすだけで、その対象を補完する様々な情報を画面上に表示してくれるサービス。これはちょっと考えても様々な可能性が考えられます。例えば、渋谷のスクランブル交差点でセカイカメラをかざすと、歩行者の最新のTwitterでのつぶやきが一挙に表示されるとか。今まさに個人をアイデンティファイする情報は、どんどんインターネット上に蓄積されつつあるので、そういうものが実際の視野・視界と紐付けられて、現実空間を補完する、すなわち「拡張現実」のプラットフォームとしてセカイカメラが普及したとしたら、それはまた新たな世界の始まりのような気がします。

ARのプラットフォームに成り得るものという意味で言えば、ちょっと本筋とずれますが、例えばGoogle ストリートビューのようなものがあります。このサービスを実現するために、Googleは360度撮影可能なカメラを車の上に取り付けて、世界中を走らせることによってサービス化したわけですが、そもそもプラットフォームを構築するための土台作りをユーザサイドに委ねてしまうセカイカメラ的な発想は、幾分進歩的で幾分インターネット的であると言えるでしょう。

ただ一方で先述の「東のエデン」のような人に対してダイレクトに情報が紐付けられるとかなり不快な世の中も予想されます。ARの話ではありませんが、先日、「男の子牧場」というサービスがちょっと話題になり、あっという間に閉鎖されました。自分の与り知らぬところで、他人にブツクサ言われるのは、決して気分のいいものではないでしょう。極端な話、歩いていて「ダサい」「ブス」と言ったタグを見ず知らずの人に勝手に貼られたら、それはもう想像するに嫌な世界で、監視社会というか、ある種のBig Brother的な世界とも言えるくらいだと思います。

そんなことを考えていたら、AR Commonsという団体ができていることを知りました。ARには道義的議論が不可欠だとは僕も思うわけで、どういう方向に今後進んでいくのかには、少なからず興味があります。詳細は太郎君のブログを参照のこと。

TAROSITE.NET | テーマはアジャイルと公共圏 – AR Commons

VR、例えばSecond Life的なことって、結局リアルライフと紐付けられてないというか、完全に別世界での出来事なので、そこになかなか将来性を見出せないというか、平たく言うと飽きちゃった人も多かったのではないかと思います。

一方で、AR、セカイカメラ的なことって、あまりにもリアルライフと近接していて、それは大変日々の生活を便利にしてくれそうなんだけれども、既存の僕らの価値観や倫理観や道徳規範を侵食してくる可能性と危険性の両側面を持ち合わせているわけで、勿論、技術が世の中を変える時には往々にしてそういう問題意識が出てきて、銃にしろ、書籍にしろ、インターネットにしろ、その後の人の生活の在り様を大きく変えてきたわけだし、それが有用か悪用か、ということも、使うそれぞれによって変わってくる部分があるとは言え、社会を間違った方向に向かわせない努力はサービスを開発するのと同じ重さを置いて、考えられていかなければいけないのではないかと思います。

そんなことに関して、『東のエデン』は示唆的であったと、今になって思うわけです。

追記:
ありました、画面にTwitterのつぶやきを表示しちゃうサービス。
ユーザー周囲の「つぶやき」を拡張現実で表示するiPhoneアプリ(動画) | WIRED VISION
Twitter + AR + Aroundで「TwittARround」とは、そのものズバリなネーミング。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円