2009/6/26

図解スマートグリッド via The New York Times

最近、スマートグリッドって言葉を聞くようになりました。電気があちこちで貯めたり使ったりできる仕組み、みたいな感じなのですが、New York Timesに掲載されていたイラストがカッコいいので、hu・mi・dorでもReblogしましたが、引用しておきます。

The New York Times > Magazine > Image > The Smart Grid

THE SMART GRID. Utilities are crafting new technologies to make the power grid ” intelligent”- able to automatically conserve energy. 1. SOLAR PANELS AND WINDMILLS mounted on houses generate power. If a family is generating a surplus, they can feed it back to the utility and get paid as microgenerators. 2. “SMART APPLIANCES” monitor how much electricity they’re using and shut down when power is too expensive. 3. REMOTE CONTROL consumers can permit utilities To control their non-essential appliances – like pool pumps – turning them on and off to fine-tune the grid for maximum efficiency. 4. PLUG-IN HYBRID CARS refuel using clean Electricity generated locally. 5. Locally-generated power avoids the 15 percent power-loss that occurs when you send electricity over long-distance power lines. “superconducting” power lines route extra electricity from out-of-state utilities when demand spikes. 6. WIRELESS CHIPS let individual houses communicate with power Utilities – swapping on-the-fly information about the current price and usage of electricity. 7. WEB AND MOBILE-PHONE INTERFACES allow consumers to see how much Power their appliances are using when they’re not at home – and even to turn them on or off remotely to reduce costs. 8. ENERGY STORAGE. When solar panels produce excess Energy, it can be stored in batteries so houses can use clean energy at night when the sun isn’t shining.

ぶっちゃけ、電力会社は、電気の供給元って自分たちだけだったわけで、しかも家庭レベルで供給される電気って安定的に見込めるものでもないわけで、経済性だけ考えると難しい面もあると思うのですが、であるからこそ、多分国策レベルでこれはやらないと、いつまでたっても「燃やさない文明」の時代はやってこないという気も。

やっちゃえやっちゃえ、っていう時流も必要なんだろうな、こういうものの実現のためには。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram