2009/6/5

ソーラー発電によるエネルギーエコシステムについて考える

昨日、CODAのニュースがあったり、今日はiMiEVの発表会があったようですが、いよいよ電気自動車の時代の幕開けというところでしょうか。

電気自動車って試金石というか、これからビジネスとして色々な分野でソーラー発電による電力供給を還流するエコシステムに移行していくために、最初のケースモデルになるという使命を帯びていると思うのですよね。こういう状況下であれ、車という日本を代表する業界で成功しなけりゃ、なかなか他も思い切った施策に転換できないだろうという。

日本経済の勝ち方 太陽エネルギー革命 (文春新書)
村沢 義久
文藝春秋
売り上げランキング: 2218
おすすめ度の平均: 5.0

5 太陽エネルギー革命の時来たる
5 わかりやすい次世代エネルギー
5 たしかに「日本には技術がある」

この本読んでから、かなり気になっています。ソーラー発電で日本という国が回っていく、という近未来像に興味がある方は是非ご一読を。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram