2005/6/23

続 後輩に煽られるのもいいものだ

TV局に行った後輩が、スクリーン・デビューを果たしたそうでして。めでたい。思えばこの3年間、後輩に追い抜かれていく感覚をスゴク感じています。勿論、専門は違うだろうし、方向性や価値観も違うのですが、確かな成長をひしひしと感じて、それがいい意味でのモチベーションにもなっております。

接点が少ない分、劣等感みたいなのはないし、かと言って、取り残されてるという、危機感がないというわけでもないし。いい意味での緊張感があるのかも知れません。思えばこれまでの人生、何だかんだで全て追い風の中で過ごして来た気がします。初めての逆境、でも色々な意味で大分ゆとりのある逆境です。この時間を大事にしないといけませんね。

目の前からやりたいことを取り上げられたわけではありません。言い換えれば、やる術は生きてる。術があるなら、後は実行力、行動力ですよね。いや、後輩に煽られるというのは、幸せな境遇なのかも知れません。煽ってくれる後輩がいなかったらと思うとね。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram