2008/9/21

完敗の意味

そう言えば最近ラグビーのことを書いていませんでした。先週の初戦は快心の内容で勝利。今日の試合は零封され完敗でした。で帰りの電車の中で完敗という言葉の意味をちょっと考えていた次第。帰って来てちとチームの人と電話で話したりもしたのですが、今の段階でやれることはある程度やれたのに(やり切れたわけではないですが)及ばなかったということなのでしょう。

接点で負けると、相手が有利に次の接点を作れて、不利な接点でまた負けてしまう、という無限地獄に陥るので、どこかで流れを断ち切らなければいけないのだけど、時折挽回できた時間帯もあったものの、大きな流れで言うと、やっぱり受けちゃったのかなあと。

幹事会で酒飲みながら他のチームの人と話すと、うちのチームは攻めると強いが受けると弱い、というのが通説なんですよねえ。まあ練習するしかないですね、悔しいもの。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

関連する記事