2008/7/30

CAS(Cells Alive System)にびっくり

ABI : CAS とは?

食糧危機が叫ばれる昨今ですが、このCASという技術は凄いみたいです。細胞を生きたままに「冷凍」ではなく「凍結」するのだそうです。国内だけじゃなくて海外からも注目を浴びていて、アイルランドは国レベルで漁業復興のために取り組んでいるんだとか。

アイルランド国内のシーフード業界に向けた、冷凍および冷蔵の最先端技術の提供・支援で3者が合意

細胞を生きたまま凍結するので、風味や品質を損なわないで長期保存ができるのだそうです。テレビでは板前さんが岩牡蠣を食べて、生のものと全く遜色がないとコメントしていました。実際、地方の離島なんかがCAS導入してネットショッピングなどで頑張ってるみたい。

いわがきハーフシェル 通販のベルメゾンネット

ちょっと何か試しに買ってみようかな。普通に寿司屋なんかにもCAS凍結の食材が出回っているみたいですよ。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

関連する記事