2008/6/29

石油の高騰は代替エネルギーの普及に繋がるか?

ニュース番組でコメンテーターの人が石油の高騰を引き金に、代替エネルギーの普及が進むと良いという話をしてました。どうなんですかね。今までは石油が一番効率の良いエネルギーだったわけですよね。ただCO2とか温暖化の問題を鑑みると確実にアゲインスト、ただそもそも石油が枯渇したからとか、地球の為に多額の税が課せられたということによる高騰というよりは、ファンドのマネーゲームの産物だというところが気になるところです。

オイルショックの時代には、その後のエネルギー高騰を見越して、商船の省エネ化が進められたんだそうなのですが、石油の値段が下落したら、元に戻ってしまったんだとか(当時は環境問題なぞ声高に叫ばれてもいなかったわけですが)。

まあただ、経済合理性だけでは破綻する時代ではあると思うのですよね、絶対に、色々と。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円