2007/12/26

考える訓練

こういうのはkosukekato.comに書く内容なのですが、あまり内容が膨らむ話でもなさそうなので、こちらに書きます。プランナーという肩書きになっておるので、一応頭脳労働者なのですが、考える力を育てるのであれば、僕はひたすら読んでひたすら書く、即ち言葉のInhale & Exhaleをひたすら行い続けることが近道ではないかと思います。

考えるための手法と言うのはブレストとかマインドマップとか色々あるでしょうが、「地頭」というか「考える自力」を鍛えるのにはひたすら読んでひたすら書くというのは、非常に根源的でしかし効果のあることのように思います。ひたすら聴いてひたすら喋るっていうのでもいいのかも知れませんが、僕はあまりそちらは実践できていないのでパワープッシュできません。読んでは書き読んでは書き、というのが人生のリズムになるといいと思います。

結局、考える根性とか、考える粘り強さとかってあると思うので、闇雲に持久走するとか、闇雲に筋トレするみたいなことがないと、いくら表面上の技術を身につけても、圧倒的なものには太刀打ちできないと思うのですよね。上品は敵だ、みたいな。

追記:
「根性で考える」ということと「考える根性」は違いますし、「粘り強く考える」ことと「考える粘り強さ」は違います。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円