2007/11/28

喫茶店でのオブジェクトの配置についての観察

喫茶店で僕はPC広げて仕事をすることが多いわけですが、喫茶店で面白いなと思うのは、それぞれのお客さんの机の上でのオブジェクトの配置です。僕は大体左手にマグカップとタバコと灰皿と携帯を陳列し、右寄りにノートPCを開いています。

お姉さんなんかだと割りと散らかっていて何故か財布を机の上に出していたり、初老の男性とかだと小説とタバコと老眼鏡のケースなどと落ち着いた印象。観察しているとその人の人柄が出てくるようで面白いです。

まああんまりジロジロ見るのもよくないですが。こういうのは「喫茶店の狭いテーブル」という限定的空間だから面白いのですね。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円