2007/8/29

おおきに、ではなくて、ありがとうございました

サービス系の話題を書いたので、もう一つ。紀伊勝浦でますだというまぐろ料理専門店に入ったのですが、ここが狭いカウンターの店ながらもなかなかの繁盛店で、ランチと言うのに客足が絶えず行列ができてました。食事も美味しかったので満足していたのですが、去り際に「ありがとうございました」と言われたのが印象的でした。

実は他のお客さんには「おおきに」って言ってたのです。旅行中ですし、郷に入れば郷に従えですし、「おおきに」で当然結構なわけですが、店主さんも店員さんも「ありがとうございました」と仰ってました。関東の人間だってことで気を遣ってくれたわけです。ここにはサービスとしての心憎い気遣いを感じました。

お仕着せがましくなく、しかし細やかな配慮がなされたサービスというのは、ほっと心が温まるというか、得した気分になれて気持ちが良いものです。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円