2021/2/17

Tasks & Notes – Notionは加藤康祐企画設計の屋台骨になりそう

僕はこれまでB5のタスクとノートの2冊を出かける時にはいつも持ち歩いていました。ある時を境に、この辺りを紙とペンですごくアナログ化したんですね。なのですが、今回、Notionを導入して、どうやら十二分にリプレイスメントとしての機能を果たしそうな感じがしています。デジタル回帰。

加藤康祐企画設計のビジネスは基本的に客商売です。そのため、基本的には、クライアント軸で色々な仕事が動いていきます。ですので、Notionではクライアントの個別ページを作り、タスクとノートにもクライアントのタグをつけて、クライアントのページにLinked Databaseでタスクとノートが一覧できるようにしました。タスクとノート、特に議事録とかですね、はRelational Databaseで相互に参照できるようにしています。

また、リファレンスというかテンプレートのページを作って、例えばWeb制作のチェックリストとかヒアリングリストとかだけれども、コピーをタスクの下にぶら下げて、進捗に合わせてチェックリスト管理できるようにしました。

まだまだ色々な運用がありそうですが、メモツール、タスクツールというより、プロジェクトデザインができる印象で、使い込んでみると多分に「設計」的なアプローチな感じがしますね。思想的にも親和性高い感じがしました。

今は一人で使っているのですが、誰かと一緒にプロジェクトをやったり、アシスタント的に手伝ってもらったりという時に、プロジェクトの情報やステータスはすごくスムーズに受け渡せるイメージあります。とは言え、15年ほどフリーランスやって来て、一度もアシスタントお願いしたことないんだけど、まあでも準備は要るし、プロジェクト単位でそういう協業もあるかも知れないですしね。

持ち歩くノートも1冊で良くなりそうですし、いやあ良いもの覚えた。色々キャッチアップしていくぞ。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円