2021/2/16

新しいツールを覚える – コースケDX

久しく新しいビジネスツールを触っていなかったのですが、ここのところ矢継ぎ早に新しいものを覚えようとしています。なんか最近のツールの多くはコラボレーションツールであることがメリットな気がしていて、ただ僕一人で完結する仕事も多いので、あんまり覚える必要ないのかなあという気もしていたのですね。ただ、新しいもの触るのはやはり面白いなとなりまして、ちょっともうロートル化していたというか、久しく新しいものを触っていなかったのですが、改めて触ってみることにしました。

miro

An Online Visual Collaboration Platform for Teamwork | Miro

ブレストツールと言えば良いのか。アイデアプロットするのに良さそうです。色々なテンプレートも用意されていて、最新のフレームワークを学習しながら活用することができます。僕は今のところ一人ブレストとかアイデアの整理するのに使ったりしているだけなのですが、チームでミーティングする時のホワイトボード代わりにも良さそうですし、なんか可能性は感じています。ただ、あんまりこれと長い時間対峙しているのも良くない感じがして、特に一人でアイデア出したり情報を整理するのは紙と鉛筆が向いているなという気がしています。それを見ながらmiroにプロットして、共有して、とかですかねえ。

Notion

Notion – The all-in-one workspace for your notes, tasks, wikis, and databases.

メモツールのいかついやつ、という感じでしょうか。すごい流行ってる感じがします。最近、事業のVisionなどを整理したのですが、そういう事業のアプリケーション的なものをこちらに整理しました。元々はEvernote使っていたのですが、こちらの方が構造的というか構築的というか、プロジェクトをデザインしたり、企画設計するのに向いてそうですね。UIも落ち着いた感じで気持ち良い。

まとめ

他にもAsanaとかFigmaとか気になるツールはあるんですが、あんまりサブスクリプション増えてもなんだし、コラボレーション前提のサービスが多いので、実際にそういう仕事の態勢にならないとあんまり意味ないかなあという気もしていて、今はパイロットで触っています。ただ、miroとNotionは今後も使っていくだろうなあという感じはしている。久しくGoogleとAdobeが使えればほぼ事足りるような仕事の仕方していたのですが、改めて色々SaaSサービス試していかないとなあと。

コースケDX、って言ってるんだけども、生来の新しもの好き根性を改めて発揮していきたいと思っています。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円