2021/2/14

かぎりとかげり – 加藤康祐企画設計の新しいVision / Mission / Value

ちょっと、湿っぽいんですけどね。。。先日、GO INDEPENDENT!という加藤康祐企画設計のタグラインを作りましたが、ついでに作ったVision / Mission / Valueがあまりしっくり来てなくてですね。作り直しました。

改めて、できあがったのがこちら。

【Concept】
GO INDEPENDENT!
業界から、慣習から、古い常識や価値観から、ハンディキャップから、不条理や不公平や不平等から、
独立せよ。

【Vision】
かぎりを受け入れ、かげりを乗り越え、独り立てる社会を作る。

【Mission】
あらゆる制約を考え抜くための糧として、困りごとと歩み続けるための道すじを、企画し、設計する。

【Value】
新しい挑戦や再出発、復帰を応援する。 とりこぼさない。 伴走型支援。継続的支援。 独立した個の運命共同体化。

これまでの20年ほどで継承できることもあるのですが、むしろ体調を崩したり、コロナ禍があったりして、色々考えて来たことを反映した内容になっています。デザインは制約を受け入れること、というのは昔から大事にしていることです。社会にも個人にも未来にも新しい制約がかかってくる時代になって来ている気がして、そうした限界、限度みたいなものを「かぎり」としています。没量的な思考と言っても良い。一方で、災厄とか災害とか不遇とか障害とか、これからも直面するであろう危機と向き合った時に、衰退みたいなものとどう対峙していくが大事な気がして「かげり」としています。そしてその処方箋をあまり成長、躍進の文脈で語らずに、独立することとしている。

今回、少し柔らかい言葉を入れ込んでいます。「かぎり」、「かげり」、それから「困りごと」。平易な言葉に置き換えていくことって難しくて、ただ、問題解決みたいにこれまでの言葉で語るより、困りごとと歩み続ける、みたいな言語化をしてあげた方が、やっていくことのニュアンスをより包含できるのかな、という気がしています。

ようやくしっくりくるものができたなという気がしていて、まだちょっとValueの言葉選びが甘いかな、という気もしているんだけど(借り受けてる言葉も多いように思うので)、大分固まったなという感じがしています。

かぎりを受け入れ、かげりを乗り越え、独り立てる社会を作る。

頑張っていきたいと思います。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円