2020/10/25

ペンタブレットと1週間

端的に言うと、新しいおもちゃを手に入れまして、まあ仕事があるから一日中描いているわけにもいかないのだけれども、まずは滑り出しが大事ということで、日がなイラストを描いています。ご想像に難くなく、やり始めというのは日進月歩でして、一回一回の作業に反省があって、逆に言うと、こんなところにこれだけ伸びしろあったかあ、みたいな感じで面白くもあります。ラグビー25年くらいやっていますけれど、基本は練習して実践して反省して改善しての繰り返し、ですよね。PDCAを回すというのはビジネスの話に限ったことではないのである。

所感ですが、ペンタブレット大分慣れて来ましたが、まだまだ丁寧に細部を書き込めるほど熟達してはおらず、まだまだざっくり描いています。一回のイラストは大体40分〜1時間くらいかかっている気がして、今は量をこなしたいのと、スキマ時間を見つけて取り組んでるということもあるのですが、ゆくゆくはきちんと一つのイラストに時間をかけて丁寧にやってあげた方が良いのだろうなという気がします。

今はアタリと下書きにAutodesk Sketchbookというフリーソフトを、ペン入れと彩色はIllustratorでやっています。ライブペイントが便利。20年ほど前の学生時代は手描きしたものをスキャンして、Photoshopの塗りつぶしで彩色していましたが、やってる作業的にはあまり変わらないのだけれど(というか、誰にも習ってないので、学生時代のやり方を今のツールでデジタル完結でどういう風にやれるかなということで、上記のような方法になった)、随分便利になったなあと思います。色の置き換えとか、活用できてない機能も今後使っていけると良いですね。

まあしかしハマってしまったな、という感じはしていて、まだまだ先は長そうですが、1ヶ月、半年、1年と積み重ねていくと、それなりになるのかなあ、どうなんだろう、と少し先の未来が楽しみになっています。手に職をつける、できることを増やす、ってやはり楽しいですね。最終的には仕事の一端を担えるようにしたいなあという思いというか画策もあるので、コンスタントにやっていければ良いなと思っています。作例はInstagramにアップしています。

Kosuke Kato(@kosuk) • Instagram写真と動画

SNSでイラストレーターさんの作品とかみると、驚嘆と同時に意気消沈するところでもあるのですが、今は自分の下手さを我慢しつつ、それを許容して努力をする、というフェイズかなあ。駆け出し。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円