2020/10/9

テレビを買った Panasonic VIERA TH32H300

テレビを買い替えました。今まではPanasonicの19型という、汎用的なものでは一番小さいサイズでせせこましく観ていたのですが、ちょっと大きい画面で観たいとなりまして。元々、テレビを15年ほど観てなかった人だったので、当初はミニマムセットで良いなと思ったのですが、最近は主にニュース番組ですが、テレビを頻繁に観るようになりました。何となく設置場所を確保してみたら32型だろうということに行き着いたのですが、テレビボードをわざわざこのために新調したくなくてですね。。。そうすると設置する時に足が両側にあるタイプではなく、一本足タイプのスタンドが良いなとなって、そうしたらほぼPanasonic一択でした。

もう少し割高でしたが、ビックカメラの店頭で購入しました(とは言え、ポイントつきますしね)。9月発売の最新モデルのようです。19型のテレビを下取りに出そうと思って持って行ったのですが、最初リサイクルは有料ですと言われ。ただ、ラクウルで4,500円と値段ついてました(2018年製ですし)ということでお話したところ、買取カウンターで買い取っていただくことができました。テレビの使い勝手は、サイズ変われどほぼ前と一緒でラクチンです。

しかし、32型だと色々なものが見えるな―、という感じで、映画も観る気になりそうです。部屋のレイアウト的にも結果的に中央配置できた感じで、壁側もすっきり整理できて、良かった感じがします。

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円