2020/2/23

加藤康祐企画設計のロゴとWebサイトのリニューアル

先日、後輩の坂田一倫さんのパーソナルサイト制作を担当させていただいたのですが、公開を終えて、ふと立ち止まってみると、加藤康祐企画設計も2年目入りましたし、自分のブランディングとかWebサイトもちょっと見直して良いタイミングだよな、と思いまして。巣ごもり連休なこともあり、着手することにしました。

ロゴ・デザイン

これまでは「k」を重ねたロゴマークをシンボルとして使っていて、これは「ET」のロゴマークのリプレイスで派生させたデザインだったのですが、加藤康祐企画設計、Kosuke Kato Planning & Designing Office、という名称と、イマイチ、リンケージが弱くて、ちょっとETのDNAを引きずり過ぎ、という感じもしていたので、今回は略称の「kkpdo」をロゴタイプとしてデザインし直しました。

Kkpdo logo

うちのロゴマークはこれまでもずっとセルフなのですが、端のスラッシュの造作は気に入っていたので、これは踏襲しつつ、「kkpdo」のアルファベットを、「Bar」と「Arrow」と「Circle」の3つのパーツに切り分けて再構成してみました。

モーション・ロゴ

せっかくなので、Webサイトではこのロゴ、動かしてみました。Webサイトのトップページにアクセスすると、先に挙げた3パーツがアニメーションしているのが見ていただけると思います。

加藤康祐企画設計 | Kosuke Kato Planning & Designing Office | 東京都八王子市

割とシュッとしてて気に入っています。背景の写真、できれば新作を入れたかったのですが、最近あまり撮れてないので、以前、奥会津に旅した時にiPhoneで撮れた奇跡の写真を使うことにしました。まあなんか良い感じに脱力感がある気がする。色が綺麗だし。

Webサイトのコンテキスト

あと、加藤康祐企画設計のWebサイトって、基本的にET, Inc.から引き継いだ内容が多いのですが、改めて考えてみると、一人会社とは言え企業サイトとして設計したもので、これ法人から個人事業主にふさわしい文脈にダウンサイジングした方が良いなと感じました。具体的には冒頭に掲げていたVisionやValueを降ろして、自分の簡単なプロフィールをまず持って来ました。

考えてみれば、加藤康祐企画設計というネーミングをした時にも、もう一度一個人、フリーランスとして、という仕切り直しがあったはずで、VisionとかValueを語るよりも、シンプルに自分が何者か書いてあった方が、素直な文脈だな、と感じたんですね。サイトのコンテキストはこれからも鋭意調整していきたいと思うのですが、あんまり高みを語るのではなく、身の丈にあった感じに整理してければと思っています。

まとめ

やや突貫でしたが、割と良い感じに整理できたので、満足しています。今回のは加藤康祐企画設計の名前と業態で仕事していく限りは長く使えるんじゃないかなあと思っていて、折を見て、名刺とか請求書とか、他のアプリケーションへも反映していこうと思います。

連休初日、よく作った日でした。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram