2020/2/20

消費税増税、新型コロナ・ウイルス、オリンピック – 令和のシナリオの変化

オリンピックが終わるまでは景気は持つだろう、という話を結構聞いたことがあるのではないかと思います。元々、世には日本はこれから緩やかな下降曲線を描いて衰退していくという言説はあったわけですが、消費税増税の影響も、オリンピックが生む好況で、ある程度吸収できる、という読みもあったのかなあと思います。令和の時代を迎えて、消費税増税からオリンピックに向けては、消費の鈍化もインバウンド好況で解消するというような、1つのシナリオがあったと思うのだけど、その真ん中に飛び込んできちゃったのが、今回の新型コロナ・ウイルスで、もう予測不可能だったとしか言いようがないと思うのだけど、先行きが不透明になって来たことも確か。ある意味、オリンピックに向けて色々な仕事を準備して来た人も相当数いるはずで、なかなか難しい局面になってきた感じはします。

コロナ・ウイルスの影響

新型コロナ・ウイルスのニュースを初めて聞いた時に、アメリカの株価が下がると、アメリカ人の資産が目減りして社会不安が生まれ、大統領選挙を控えたトランプ政権の舵取りも危うく、世界恐慌とは言わずとも、国際的な経済情勢も難しい状況に追い込まれるのではないか、というようなことを少し考えていました。けれども、製造業のサプライチェーンの麻痺や、様々な調達の難しさ、国際的な人の流動性の低下、巣ごもり化による消費や交際の鈍化を考えると、アメリカの影響を待たずして、日本国内が厳しい局面になるようにも思えます。

不況って何だっけ

例えば、僕が経験した不況というのはネット・バブルやサブプライムがあったけれど、今回は消費がどうしても落ち込みそうだということと、消費税増税の影響の延長線上に乗るので、企業の業績悪化とか、給料・人員カットとか、採用枠が減るとか、経費・支出削減とか、不況の基本セットとして考えられます。フリーランスとしては外注仕事の打ち切りがあったり、継続契約が止まったり、みたいなことが起こり得るかなと。とは言え、あまり慌てる必要はなく、不況とは言え、経済活動も人の営みも動いていくので、自分の仕事をコントロールできることが大事になってくるのではないでしょうか。その辺のことはこちらに書きました。

「不況の備え」について考える – フリーランスにできること | Life is Prototyping

オリンピックの開催について

ところで、オリンピックですが。オリンピックまでに新型コロナ・ウイルスが収束して、オリンピックが開催できるのが勿論良いと思うのですが、本当に開催できるのか、もしくは開催が適切なのか、というのは結構難しい問題だなあと感じています。 こんな記事を読みました。

IDESコラム vol. 55「歴史から学ぶヒトの移動に伴う感染症の移動」

感染症の歴史的背景とともに、ラグビーワールドカップの際のマスギャザリングのサーベイランス業務に携われたエピソードが書いてあります。高度交通社会が人の流動性を高め、そのことがパンデミックを生み得る引き金になる、ということだけれども、「人が来てくれるかどうか」というのも大きな問題ですが、「人がたくさん来てしまう」ということも、かなりのリスクを抱えることになるのだな、という風に思います。これからどうなるかというのは、今、難局の真っ只中ですし全くわかりませんが、新年や春節がファーストインパクトだったとすると、オリンピックがセカンドインパクト的になってしまう可能性もあって、改めてパブリックヘルスと危機対応をどのように考えていくのか、医療資源も限られていますし、問われてるようにも思います。

まとめ

今はまだ、感染者数とか、病気の予防の話とかがメイントピックで、そうであることが正しいと思うのだけれど、これから徐々に、今後の日本の設計についても議論になってくるのではないかなという気がします。有識者の人たちも色々検討を始めているだろうし、もう少しクリアに絵が見えて来るのかなと。ちょっと長丁場で構えないといけないことは確かなのかなと言う気はします。

まあ全然わかんないですけど、ちょっと考えないとなー、という感じがしています。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram