2019/10/20

加藤康祐企画設計、秋 – I’m back.

何となく四季というか四半期というか、仕事の報告エントリを定期的に書いているのだけれど、今年も残すところ3ヶ月を切りました。おかげさまで、今月は久し振りに仕事に忙しく、仕事の秋、というような感じになっています(ラグビーW杯の秋でもあるけど)。ここまでも仕事はして来たけれど、ここのところWebを作る仕事がいくつか来ていまして、ああ、やっぱりここが原点なのかもなあ、という感じがします。

時間を持て余していた時は、八王子探索してみたり、ジム通いしてみたりしていましたが、仕事がそれなりに埋まってくると、朝起きて、喫茶店に行き、仕事をして、昼飯を作り、仕事をして、喫茶店に行き、仕事をして、晩飯を作って、ニュースを観て、一日を終える、というような、何となく東戸塚で仕事していた時のような生活のルーティンが戻って来ており、これまでの1年に比べて、仕事場でMacの前に座る時間も増えて来たのかなと思います。

年始に段階的に売上を増やしていこう、という目標を立てていて、何となく第1四半期、第2四半期、第3四半期、第4四半期と階段で数字を設定して、トータルで年間の売上をこれくらい立てたい、みたいな取らぬ狸の皮算用をやっていたのですが、どうも、今、見込で92%くらいまでは達成できる見通しで、あと2ヶ月くらいあるから、そこそこ良い数字に持っていけるのではないか、という気もしています。

数字にこだわるか、こだわらないか、というと、僕は比較的こだわる方なのかなあ、という気はします。計画的に物事を進めていく時には指標になる値が大事で、それは例えば売上とか、取引先数とか、案件数とかだけれど、低調であることを受け入れつつ(ここでメゲないのが大事ですね)、低調なりにきちんと数字を見て地道に積み上げていくことが大事で、それがその先の計画にも繋がっていくのかなという気がします。

とりあえず、目の前の仕事をきちんとやって、一段落したら、また今後のことを考えていきたいかな。しばらく目の前の仕事で自分がフル稼働する(徹夜するとかそういうことではなく)という状況がなかったので、毎日、タスクをクリアして、納期までにしっかり仕上げる、ということを、体感的にいくつか再確認しておきたいな、というのが今のタイミングでしょうか。

最近、「持ち場」という言葉が気になっていて、まああんまり特別な言葉ではないけれど、しばらく色々なところに抱えていた「持ち場」というものが一斉になくなって、ある意味、宙ぶらりんの時間をしばらく過ごしていましたが、最近「持ち場」に戻って来た感覚があって、まだまだ自分の仕事のことで手一杯という感じですが、まずは加藤康祐企画設計、という個人事業が、しっかり自分の「持ち場」になりつつあるな、そんな感じがしています。

自然災害とか、社会問題のニュースを見るに、何かできるだろうかとか、体調崩してなければ何かできただろうかとか、考えることもあるのだけれど、とりあえずしばらくは戦闘力を高めることに注力して(ここに安定的に稼げるとかも入って来ますね)、社会の要請というか、然るべきタイミングに然るべき役割が充てがわれるまで、1年、2年、3年と積み重ねていくしかないかなという気もします(何となく3年くらいやってみると、大分状況も変わるんじゃないのかなという気もしており)。

まあでも、げんきんなもんで、何となく1年の終わりとそこまでの数字が見えて来たら、気持ち的には大分楽になったのも確か。

涼しくなって来たので、頑張ろー。好きな季節。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円